岳行ノート

柳ヶ瀬山〜椿井嶺 439m・623m/滋賀県長浜市

2011年11月16日(水)



天下衆知!ナメコのぬらめき


 余呉トレイルは「自然への負荷を最小限に抑える為に、人ひとりが通ることができる程度のか細い道」をコンセプトにしたネイチャートレイルです。

 道標も簡素な手作り製。これがトレイルと思われるかもしれません。同じ滋賀県の高島トレイルと比較すると逆に有名になり過ぎず、静かな山歩きができるのかも。



 ジオンさんの企画で9月の「行市山〜柳ヶ瀬山」に続くコースを歩きます。まず柳ヶ瀬山から登りますが、先回はそこから長浜市へ下山したので敦賀市から登ります。

 北陸自動車道の木之本インターで下り、国道365号線を走り北上。国道から分かれ1車線の柳ヶ瀬トンネルへ入り、抜けてすぐ右折して林道を上ります。


 教科書は、ウッディパル余呉で購入した余呉トレイルクラブ刊「余呉トレイル詳細マップ」です。10名のパーティになりました。
<駐車地>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動



刀根越駐車地

▲柳ヶ瀬山

玄番尾城跡

鉄塔×2

沓掛山

ノミ峠?

▲椿井嶺

椿坂峠

ブナ巨樹

椿坂峠駐車地


 刀根越駐車地


※赤線はGPS軌跡


■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江   南:午前5時55分発    晴れ/7℃
椿坂峠P:午前7時55分着   晴れ/7℃
登 山 口:午前8時35分着   晴れ
往:2時間45分(沓掛山まで以下、小休止含)
復:2時間20分
◆所要時間:5時間05分




 林道の突当たりが駐車地です。簡易水洗トイレもあります。7℃はさすがに肌寒く、ブレーカー・手袋着用で出発しました。
(8:45)





 5分も登ればお地蔵さんのいる刀根越(トネゴエ)に着き、ここは福井・滋賀の県境です。余呉トレイル・ラインに乗ります。




 ジグザグ斜面を登れば、10分で道脇の第一座柳ヶ瀬山439m四等三角点です。タッチして先へ進みます。
(9:00)

 そして桜並木の快適な道を行くと国指定史跡玄蕃城跡(ゲンバオジョウアト)手前で
素晴らしい紅葉です。青空に恵まれると紅葉もキレが良い。
この辺りのうん蓄は、本年9月の「行市山〜柳ヶ瀬山」を参照いただければ幸いです。

 城跡は賤ヶ岳合戦時の柴田勝家本陣。南北300m・東西150mで想像より大きく城がなくても感動します。

 展望は、南東の新谷山662mから南方面です。

 史跡の北端に手作りのトレイル道標がありました。ここから先は未踏です。
(9:10)





 やがて関西電力越前嶺南線の鉄塔2本を抜けます。稜線は少し曲がったりしていますが、踏み跡は明確です。

尾根道は、色彩のキャンバスを並べた紅葉美術館。赤色・柿色のグラデーションが目を楽しませてくれます。
日本の森林の4割は人工林。昭和中期までの伐採は、尾根筋の樹木は大きく残しました。
皆伐であっても山肌一面を裸にするような施行は行わなかったようです。なぜ残したかは謎です。


4〜5月が花期のユキツバキがもう咲いています。『狂い咲き?』
この花は、日本海側の多雪地帯に生え、雪の重みに耐える根性を持っています。
雄しべがくっつき筒のようになったのはヤブツバキですが、この花のはバラケています。




 紅葉写真を撮っていると横たわる枝でどてっと転ぶ。道標で水場の案内があり、降りるとズルっと滑る。すぐ沢がありました。
(10:35)


 拭っても落ちない地球素材を着けたズボンで歩きます。やがて笹が深くなりました。樹間に北の大黒山892mです。

 あの山も余呉トレイルのコースになります。

 第二座の沓掛山分岐で右折。リュックをデポし踏み跡を辿ると‥

 沓掛山559m四等三角点です。展望は望めません。5分の往復なのでデポする程デポない。(11:30)

頂上は狭いのでもう少し先へ歩きます。
黄色赤色のセロファンの葉が空中に浮いているいい場所がありました。

バスで目的地に行ってお弁当を食べて帰ってくる行程であればピクニック。
もしお弁当を食べたとしても、登山など歩いて目的地にたどり着くのはハイキング。
実はこの時、女子は食事もほどほどにそわそわしています。
(11:45)〜(12:30)





 それは、近くにTOP写真のフレッシュ・ナメコの群生が発見されたため、落ち着かなかったのでしょう。

 食事が済めば、収穫だ。『祭りだ!』

 ‥お情け無用の皆伐。お腹に入ればOKでしょう。



 コースは椿坂峠へ向いますが、途中で道標の「中河内→」がありました。ノミ峠経由で第三座へ行こうと左折します。

 ところが間伐のため道は不明でこの辺りかと写真撮影。上のコース図にある杉箸(スギハシ)へ向う古道があるはずですが?
(13:10)



 尾根を外さないように薄い踏み跡を行けば、開発が頓挫したような別荘地に出ました。壊れかけの小屋を横に見て北へ‥

 すぐ余呉トレイルの分岐道標があります。右折してトラバースの道を東へ突当たりまで進みました。



 分岐から200mほどで最終の第三座椿井嶺(ツバイミネ)623m四等三角点を発見。ピークハントしたら小屋まで戻ります。
(13:40)

 そこから別荘地内の草むした道を地図で確認して降りました。周囲の紅葉は綺麗です。別荘は数軒しか見ませんでした。
 椿坂峠(ツバキザカトウゲ)は、風で秋が追い立てられています。バスの運転手が出てきて私たちを迎えようと‥『ちゃうちゃう』

 同じコースを歩く大阪からのツアー客と勘違いしてます。峠から100m北に大黒山の登山口がありました。(14:15)

急登5分でブナの巨樹に逢えます。
希望者だけ見に行きましょうのはずが、結局全員参加です。
ただ私は距離があると思ったのでまたリュックをデポしました。
(14:20)
 最高の青空に散りゆく秋。この女王は迫力のコブをもっています。樹下にブナの実がありました。

 猿や熊の大好物だそうですが、トゲトゲの中にある1cm程の実をどのように食べるのか?中々美味で私たちも生でも食べられます。

 椿坂峠に戻り、デポした車で刀根越駐車地へ向かいます。
(14:35)

 そこに自然薯採りの方が見え、立派なものを見せてもらいました。1本5000円の大物は30分掘ったそうです。

 『ちょうだい』と言っても無理です。すると天然ワサビを1本くれました。10人で分けることは無理です。


 何もなければ退屈な水曜日。お陰で彫刻で縁取られた額縁に飾ることができる日になりました。

 後列左より:山たまご、ジオンさん、乱丸さん、ひろろとろろさん、ドルフィーさん、みれさん、ノコさん、前列:風花さん、福ちゃん、あさひさん、お世話になりました。


東海岳行
   “もみじ舟  

 「レディー・カガ」がいるそうでそれは面白い。なんと石川県の加賀温泉でお出で迎えする加賀美人の100人がそうです。『何だよ〜ガガじゃないのか』



 さて夕方、知人からケイタイが入り『明日、開いてる?』『開いてますよ。暇が雑草のように増えて困ってます』予定表は白いキャンバス、自由だけど日常を書込む今日この頃と愚痴ってると『犬山の鵜飼いくうかい』『鵜飼は見たことが無いのでそれは嬉しいですね。ン、駄洒落言った?』

 翌朝、知人宅へ着くと『実は鵜がインフルエンザにかかってね。鵜飼は中止になったけど川の遊覧はできる』『10月15日で鵜飼シーズンが終わったので11月にできるかと思っていた』というのは冗談のいいわけで本当は、鵜飼で使う舟に乗り、遊覧舟行するというものでした。

 知人も誘われた口で伝言ゲームのように内容が変わったようです。犬山市では現在、秋の観光キャンペーン中で11月21日(月)〜25(金)までの5日間、木曽川で「風流もみじ舟」が発船されます。その一番舟に乗ろうというものです。 最近、犬山市は観光に力を入れているようです。



(左)犬山橋乗船場          (中)サムタイムズとカメラマン  (右)左岸の紅葉


 ロンドンブーツ1号2号田村淳犬山観光特使に任命されました。また同じ吉本の愛知県“住みます”芸人 ・サムタイムズが同市に移住し、犬山観光特使見習いとして人力車の車夫などをしながら犬山をアピールしています。さて犬山橋下の乗り場へ行くとNHKCBCの取材が来ていました。

 乗船するとサプライズゲストでそのサムタイムズの二人が案内役として現れたのです。『これはいいや』風流もみじ舟が、いっぺんにお笑いもみじ舟になりました。乗客全員で彼らに拍手すると前列の女子に『手袋したまま拍手しても音が聞こえませんよ』『これだけ言っても意地でも手袋外さんでしょ』

 客イジリのボケと突っ込みが面白い。舟は薄紅葉の山に囲まれ、笑いに包まれました。渡りのカモの群れや寂光院を眺め、優雅に川を遡ります。やがて15分ほどで桃太郎港に着舟。上陸して紅葉の始まった桃太郎神社辺りをしばらく散策し、港に戻り舟を待ちます。



(左)桃太郎港でインタビュー   (中)桃太郎神社          (右)2番舟


 2番舟にもサムタイムズが乗って、乗客のご機嫌をうかがっていました。気温10℃で川風があるため半てんでは寒いでしょう。営業のお仕事は大変だ。流れに乗った下りは10分で犬山橋に着きました。『お若いの、明日があるさ』二人に握手して下船します。『さあコメダでコーヒーしよっか。みんなで行こめーだ』

 ところでテレビの放送は、NHKは11月24日(木)の18時30分過ぎで録画しました。寒かったので車に積んであった柿色の登山用レインコートを羽織りました。映ったかどうか家族総出で見ましたが、結果は映っていません。久し振りのテレビ出演でわくわくしたので面白かった。

 多分23日(水)の祝日、ファミリー客が多い時に別撮りしたでしょう。我々の時は私を含め高齢者が多く、絵ずらは三途の川を渡る舟のようですから。若い人が多い方がニュース内容の趣旨にあっています。処が24日(木)CBCが16:50の「いっぽう」で放送しました。ひよこさんは見ましたが、私は山行で見ていません。

2011.11.22(火)23:05