岳行ノート

荒島岳 1524m/福井県大野市

2012年5月30日(水)


新道「しもやまコース」の降りは、丈夫な大腿四頭筋が必要


 意外だったのは、荒島岳登山口へ江南市の我が家から2時間程度で着けることでした。それは先週、姥ヶ岳へ行く途中通り過ぎて分かったのです。

 また姥ヶ岳で同行のみれさんとひろろとろろさんから聞いた事ですが、荒島岳の山開きに新道がお披露目されました。荒島岳に興味が湧いてきました。

 そこでスタンダードな「勝原(カドハラ)コース」とおNEWの「下山(しもやま)コース」を組み合わせて縦走を計画します。それには、車の2台体制が必要です。


 そこでいつも近郊低山をご一緒する野良人さんをお誘いしました。山友の画伯と博士もご一緒されます。4人で百名山に挑戦しましょう。


 教科書は、中日新聞社刊「東海・北陸の200秀山」です。参考書は「ヤマレコ」さんにお世話になりました。
<駐車場>
[-]広域図、[+]詳細図、ドラッグスクロールで移動


元スキー場駐車場
勝原コース


リフト終点

しゃくなげ平

佐開コース分岐

もちが壁

荒島岳
下山(しもやま)コース

1250m曲折点

広場

598m曲折点

越前下山駅駐車場

    ↓

元スキー場駐車場


 ※赤線はGPS軌跡
 
※●は分岐

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時05分発  晴れ/16℃
駐車場:午前8時10分着  曇り/13℃ 
往:3時間15分(以下、小休止含)
還:2時間30分
◆所要時間:5時間45分


 東海北陸道白鳥インターで下り、158号線で仏原ダムを過ぎ馬返トンネルを抜け、カーブ手前の分岐で左へ上がります。

 元勝原スキー場の広い駐車場には、トイレ、マップ、登山BOX完備。百名山らしく全国区のナンバーが停車中です。

 正面のリフト沿いの道を登ります。
(8:20)



 勝原スキー場は1963年営業開始し、2010年に廃止となりました。追憶のゲレンデを歩き、第2リフトの終点で小休止。
(9:00)

 この先に登山口標柱があります。ミズナラの老木が並ぶぬかるんだ急斜面を登ると‥

 圧倒的なブナの原生林に呑み込まれます。太いブナが林立し『立派なもんだなあ』と見上げる。
このコースのブナは比較的、枝が下にあり人間ならさしずめ短足タイプなので親近感が持てます。
しかし、晴れの予報は外れ、雲に覆われた山は白く煙る世界ですが、何より涼しい。

 標高820mにある異様なブナトトロの木と名付けられ未来の窓が開いています。(9:25)

 そして930mにあるブナコブの木。あの瘤の中には、忍耐が詰まっているのでしょう。(9:35)



 その先の白山ベンチでは何も見えず、歩き続けます。階段を登ると深谷の頭1015m、平坦なブナ平

 そして長い直登階段で標高を125m、一気に上げれば‥

 シャクナゲ平1204mです。登山口から850m高さを上げました。北西から来た中出コースが合流。
(10:20)
 北に経ヶ岳1625m↑、白山は時々雲から覗きます。山頂へはあと一時間。小休止後、降ると佐開コースとの分岐を過ぎて‥




 
鞍部からもちが壁に取り付きます。鎖やロープを補助に汗をかきます。7、8分で勾配が緩みました。そして‥
(10:40)



 『雲海!』 稜線から北東に浮かぶのは、先ほど休んだしゃくなげ平、その左の島が小荒島岳1186m。

 一昨日、昨日と我が街は雷雨でしたが、ここも大雨が降り、花たちは打たれたようです。それでも‥

(左)シコクスミレ (中)石楠花 (右)キジムシロ 
他にイワカガミ、ショウジョウバカマ、ミヤマキシミ、ユキザサなどとも逢えました。
標高1340m辺りでダケカンバが登山道に現れ、もう少し登ると‥





 白山御前峰2702m(中央)と左隣の大汝峰2684mが、雲上に顔を出しました。こんな日は、撮れる時がシャッターチャンス。



 道の周りは高木が消え、笹に変わりました。中荒島岳に残雪。撮影してる間に山友は、もう写真中央を登っています。

 21人のパーティが降って来てすれ違いました。駐車場で見たバスツアーの皆さんです。それなら山頂は空いているでしょう。

 荒島岳山頂はアナログ放送施設が撤去されとても広い。新標柱は今年3月、愛山会が雪道を3日間かけ引っ張り揚げました。

 方位盤は5月、担いで揚げられたばかり。5/20の山開き「芽吹祭」で新下山(しもやま)コースがお披露目されました。

 雲海ランチにしましょう。この時の出来事は下段の「道草」でご紹介します。
(11:35)〜(12:30)



 新道の引かれた東稜線は雄大な展望。笹刈りは尋常でない量で大変だったと思います。生まれたての道ゆえ多くの切り残し。

 踏むとバネのような感触です。「荒島岳山頂あと1km」の道標を過ぎ、出発して30分ぐらいで樹林帯に入ります。

 笹が刈られ陽当たりが良くなったためか(左)カタクリ、(中)キクザキイチゲなどに出合えました。
 樹林帯には(右)サンカヨウの群落地があり、その中を踏まないように歩きます。
 曲折点1250mは間違えようも有りませんが、尾根を変えると傾斜はきつくなります。
(13:25)
※(中)はアズマイチゲではなくキクザキイチゲでした。ひろろとろろさん、ご教示感謝します。

10分ほどで大岩に出てひと息入れ、これからの急降に備えました。
そこから始まる補助ロープ群が感動モノです。太くてグリップがきちんとあり、長短合わせ連続25ヶ所。

階段は殆ど無く、何とこのロープ場で標高を約430m下げますが、いかほどのロープと手間が必要だったか。
新道を開拓された方々の努力に感謝します。このコースは、登りと降りとどちらを取るか? お試しあれ。
しかし、新下山(しもやま)コースは降り専用か? なぜならその名が下山(げざん)コース

30分あまりでロープから解放され(左)ホオノキの下で水分補給します。花は日本の野性の花で最大です。
この先では、根性を入れる箇所は無いはず。 (中)フジ  (右)ユキザサ  



 やがて標高560m広場に出て木の間に九頭竜川と国道158号線が望めます。看板が、珍しく岩の上に置いてあります。

 と思ったのですが、びくともしません。
(14:35)

以後は順調にルートを降り、598m曲折点もノープログラムです。
高度が低くなっても自然林が続くのもいい感じです。集落に近づき、ようやく植林となり‥

 民家の擁壁縁が登山道です。

 右の建物の階段を降ります。舗装道を降ると‥


 JR西日本の越前下山駅前の駐車場です。最初は列車で周回しようと思ったのですが、日に5本の運行なので諦めました。

 荒島岳はさすが百名山と思わせる名山です。デポ車で出発点の元勝山スキー場まで10km戻ります。
(15:00)



 私のわがままなスケジュールやコースにもかかわらず山行をご一緒いただきありがとうございました。前列左から野良人さん、画伯さん、博士さんのクレー爺トリオの皆さんです。わたくし筋肉痛になりました。


東海岳行
   “驚きの山ガールグッズ  


 偶然ってそんなに出会わないのですが、今回の山頂で起こりました。さて荒島岳は、平安時代には既に「あらしまがたけ」という記述があり、荒島大権現神社の祠がある古くからの信仰の山です。

 一等三角点のある独立峰で四囲に眺望があります。しかし当日、周囲は雲海でランチスペースを決めかねました。南西のスペースで見せを拡げることにします。

 そこには単独者と若い山ガール二人が先に座っているだけでした。私は食料をリュックから出し終え、先週の「道草」で紹介したチェアレスを取りだし身体にセットします。



 そしてパクパクしていると野良人さんが私を見て『お!山さん、それがチェア何とかかい?』『チェアレスです。楽チンですよ。野良さんも付けて見てください』

 手渡すと『どれどれ‥ほう、こりゃいい。楽だわ』『でしょ』野良人さんが外して私に返しながら『山さん、見て。あの娘達もチェア何とか持ってるぞ』「チェアレスです』

 振り返って山ガール二人を見ると、チェアレスを身体に入れるところで偶然にたまげました。ところが付けてもダルダルでアレコレやっています。私が声をかけ『それチェアレスですね。長さを調節できないのですか?』



 『えぇ』そこで私が『これギターストラップの代用品ですけど付けて見てください』手前の娘に渡すと『あ、これならいい』『長さはこのパーツがあれば調整できます』

 『あ、これなら手に入るのでやってみます』『通販で買ったのですか?』『インテリアショップで』『私のは千円のバッタモンですが、純正品は数千円はしたでしょね?』

 『う〜ん‥』
どうやら高い純正品の方が、長さ調節機能が付いてなく代用品でもいいことに軽いショックを覚えたようです。山は始めたばかりなのか、登山用品はどれもピカピカでさすが山ガールと思いました。食事を終え、野良人さんが地元の単独者に『しもやまコースはどちらですかねえ』と尋ねます。



 すると南西の笹刈りされた道を指差します。それは旧下山コースで、林道の崖崩れや笹藪の激化で廃止されました。私がそれを伝え『東尾根にあるのですが』と言うと『え!?そのコースは知らない』と驚かれどこかへ行かれました。

 私達はリュックを背負って標柱に戻り、新道を確認。200mほど笹道を降ると、地元の単独者が前方から空身で歩いてきました。確かめに来たんだと思いすれ違い挨拶します。

 その人が山頂へ戻る姿を見てた野良人さんが『おい、あの娘たち手を振ってるぞ』と指差しました。すると山ガールは、わざわざ高見へ来て私達に手を振っています。



 慌てて『お〜い』と皆で手を上げると気付いた彼女たちは、90度以上の角度で大きくしなやかにシンクロして返します。嬉しくなった4人の爺さまは、小さくバラバラに手を振りました。ミシミシときしむ音が聞こえるようです。『山ガールから手を振ってもらえるのは、多分これが最初で最後だな』『んだ、んだ』

 皆はうなずき胸キュンで下山をするのでした。ところでビートルズをプロデュースし84歳にして現役、ジョージ・マーチンの話です。「歳を取るということは弱虫になることではない。絶望しても仕方ない。幸運だから歳を取るんだ。明日は分からないから毎日を精一杯生きている」今日、私達は幸運でした。

2012.06.03(日)23:55