岳行ノート

経塚山・奥の山 623m・593m/三重県亀山市

2012年12月25日(火)


加太不動滝から大日滝へ



 鈴鹿で足を踏み入れたことが無いエリアがあることに気づきました。亀山市の名阪国道と三重・滋賀県境の間の山域です。西内氏のガイド本を開けました。

 『あるある』しっかりいくつかのコースが載っています。そこにも足跡を残しましょう。その南鈴鹿は積雪が少なく、年末に危険を避けるには好都合です。

 明るい新年を迎えるには安全登山。ということで年の瀬にお忙しいと思いますが、ご近所の野良人さんと画伯の3人パーティで登り納め山行に出発します。


 当日は、冷蔵庫よりも寒い氷点下の濃尾平野。名阪国道板屋インターで下り、県道25号線(大和街道)を西へ3q走ります。


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車地>

大きい地図・ルート検索 



車止ゲート前駐車地

加太不動滝登山口

大日滝

西島峠

奥の山

展望地(明星ヶ岳)

経塚山−経塔

採掘場上部

東海自然歩道下山口

車止ゲート前駐車地


 ※赤線はGPS軌跡
 
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時35分発  晴れ/-1℃
駐車地:午前8時25分着  曇り/3℃
往:3時間35分(経塚山山頂まで・小休止含)
復:1時間15分(ランチタイム除)
◆所要時間:4時間50分

 右に「加太不動滝→」の案内標識。右折して林道奥まで車を進めるつもりでした。ところが車止めがあり、Uターンして路肩に置車しました。
(8:30)

 地道を川沿いに歩くと崩壊個所があります。車止めの理由がわかりました。林道終点で東海自然歩道に合流。「不動滝」の標柱から鉄橋を渡ります。
(8:45)

左岸〜右岸と何度も岸を変え、遡上していくと川幅は狭まり‥



 突き当りに加太不動滝。落差16mで黒光りした岩壁を一筋で流れ落ちています。左上部に燭台がありました。

 豪雨があったようです。来る時、裸木が川に横たわっていましたが、ここにも2本。3人で動かそうとしますが、びくともしません。
(8:50)



 戻って途中の分岐から別沢の大日滝へ向かいます。これがなかなか楽しいルートでTOP写真のように沢の道です。

 滝は落差8mの2段で、ここにも最上部におびただしい倒木がつっかえています。
(9:05)



 飛瀑鑑賞を終え、林道終点へ戻りました。焼け落ちた小屋を横目に東海自然歩道を登ります。昨夜、降雪があったようです。
(9:15)

 登りきると大日滝上流部を見下ろしてから切り立った崖の道を辿ります。





 流れを渡るとき、木橋の新雪にウサギの足跡を見つけ喜ぶ。この後、何度も木橋で右へ左へと渡り返し‥

 やがて沢を離れ、植林下を登ると向こうに西島峠東海自然歩道は更にバンドウ山へと続きます。↓(10:05)





 が、私たちは峠から右斜面(南)へ取り付きます。そして山腹の薄い踏み跡から尾根へ‥

氷点の尾根道は、吹き上げる強風に体感温度は下がり、手がかじかむ頬が凍てつく。
ザレた斜面は凍土の道で足がかりが無く、滑りまくる難路です。
ダメ押しに岩場の急登‥寒さに頬が固まり喋ることもできません。



 ようやく難路を抜け、尾根の展望地にでました。

 西南方向に右:烏山717m、中央:霊山766m、左が目指す経塚山623mです。
(10:40)





 尾根を辿るとほどなく奥の山山頂593m。樹木に囲まれたピークです。
(10:50)



 山頂の東にいい道があり()テープが続いています。ここを150m降って二股尾根に出合い確認すると『ありゃ!間違ってる』

 この道ではありません、20分のロス。山頂まで戻り、上写真左(南)へ草地を降ります。すぐザレた尾根が右へ伸びていました。





 テープが現れ従うと岩場になります。巻くのは右か左か?写真左がいいようです。痩せ尾根の鞍部に着き、再び登り道‥

雪が振り掛けられたザレ道を急登すれば、東方面の展望地。
『なんていう山?』 私が『明星ヶ岳かな』いえ違います。
鍼治療のように鉄塔を山体に突き刺す仏ヶ平569mでした。更に痩せ尾根を登ると勾配が緩み‥



 植林の平坦地を左方向へ回り込み三等三角点の経塚山。辺りに経塔を探します。リュックをデポして南へ100m降ると‥
(12:05)

 150年前疫病がはやり、村人は和尚の指示で山頂にお経を埋め五輪の塔を建てるとご利益が出て治まりました。


 アセビの向こうに山名の由来、経塔を発見。地元では毎年12月はじめ頃、新年を前に新しい卒塔婆を立てます。

 山頂へ戻り、ランチにしましょう。カップ麺にお湯を注いで3分待つとあまりの寒さにお湯が冷め、麺は固いまま‥
(12:20)〜(12:55)





 食後、西へ緩く降ると左に採掘場が現れます。突端が好展望地ですが、このとき猛烈に粉雪のふぶき、うかうかしてられません。

 尾根ギリギリまで削り取られたようで、縁を歩き植林の端まで行きます。そこから右の尾根に入り下山です。(13:10)

 テープはありませんが、右カーブする尾根を行きます。やがて尾根端になり、右へ転じて急斜面を慎重に降ります。


 根性を入れて5分間急降すると東海自然歩道へ降り立ちました。朝、歩きながらチェックした下山地点です。
(13:30)

 ホッとすると胸ポケットが少し膨らんでいます。バリルートの経験値が増えたのでしょう。のんびりと同じ道を戻ります。

 駐車地着(13:55)

先週に続き、ジオンさんたちと水曜会で訪れた石山観音公園にまた来ちゃいました。
お二人が未訪と聞いたからです。‥この阿弥陀如来立像が最大最古のものと言われています。
石仏は33ヶ所にあり、鎌倉中期から江戸初期までの間に彫刻されたようです。




 馬の背の岩山歩きは、岩場が好きなお二人は慣れたものでひょいひょいです。

 そして去りゆく年に心を残し、来る年にほのかな期待をして、今年の山旅を終えます。




※経塚山山頂にて 左から画伯、野良人さん、私。
 年末にもかかわらずお付き合いいただきありがとうございます。


東海岳行
   ’12年を振り返り” 

 いつもご訪問いただき、ありがとうございます。恒例の年末反省会です。


1.目標

 東海岳行は04年12月末の開校から8年が過ぎ、来年は受験ニキビの中学3年生となります。毎週アップが目標ですが「岳行ノート」は47回(’11年は44回)、「大道草」は2回(’11年は5回)、そして新コーナーの「池ものがかり」を立ち上げました。全50回なので昨年より1回の増加です。

 前半2回の病欠がありましたが、後半は病欠がなく岳行ノートを遅れがちですが真面目に提出できました。お蔭でパソコンのハードディスクの空きが無くなるのが思ったよりも早く、買い替えることになりました。容量は1テラあるので当分大丈夫でしょう。

 さて私のやる気エナジーの源、アクセス数は年間で約89,000件(昨年85,471/前年比件104%)になりました。1日では平均244件ですが、なだらかな山頂台地に着いたようです。これから下山モードになるか、もう一山登るか? うまくいけば来年5月頃に50万アクセスに達しそうです。皆様、何度もご訪問いただき感謝します。


2.振り返って

訪問数の多い岳行ノートベスト  ※対象は’11年11月〜’12年10月の岳行ノート

12年01月 小牧アルプス(愛知) 2392件
12年03月 春日井三山(愛知) 2056件
12年02月 飯道山・庚申山(滋賀) 1826件
12年01月 桑谷山(愛知) 1707件
11年11月 野登山〜仙ヶ岳(三重) 1640件
12年04月 岩ヶ峰〜釈迦ヶ岳(三重) 1505件
12年05月 荒島岳(福井) 1412件
12年02月 吉野山〜本宮山(愛知) 1314件












 小牧アルプスは、野良人さんにご案内いただき歩きましたが、スイスへ行かなくても小牧市にアルプスがあり嬉しかった。春日井三山は、大理石の露岩、梅園にある三角点を見つけるという課題があったのですが、無事発見。飯道山・庚申山は、ジオンさんのお誘いで水曜会に参加した山行です。


 飯道山の行場は超楽しく、庚申山の展望台は大パノラマ。当日は曇りで西から鈴鹿を横一列で見えなくて残念です。その他、御池池守さんのご案内で夢であった御池岳の全池を巡れ「池ものがかり」を作りました。お勧めは、多治見市の高社山の渓谷、奈良の大和葛城山ツツジ、福井の姥ヶ岳経ヶ岳の自然。

 長丁場だった長野の硫黄岳と石川の白山は、ロングコースにも自信が付きました。長野の乗鞍岳のスーパー紅葉はもう一度見たい。三重の座佐の高の砂浜、入道ヶ岳のバリルートも、もう一度歩きたい。それに初めて息子&ひよこさんの親子三人で登った御在所岳は、良い思い出です。


■山仲間との山行 25回(昨年は23回)

 縦走は、山仲間とできる山歩きの醍醐味です。石川の荒島岳の新道、長野から岐阜へ県境越えした焼岳2、滋賀から三重へ県境越えした八風越えなど独りでは到底できません。またルートがよくわからず一人では心細い青木ヶ原樹海巡りはみんなで楽しく歩け、巨大な風穴は印象に残ります。

 また8月にある山の会でヒルの講演をさせて頂き、いい経験ができました。お蔭でその会の方たちとお知り合いになり12月、金勝アルプスをご一緒しました。今年も山仲間からお誘いをいただいたり、私の誘いを受けていただいたり、ありがたいことでみなさんに感謝です。

 さて10月下旬から鈴鹿へ入り浸っている感がありますが、鈴鹿の未踏ルートを歩きたい欲求に駆られています。来年も目標は52回の山行ですが、「New To You」な岳行ノート・道草作りに励みます。



 皆様のご多幸とご健勝を願い、ご訪問を心よりお待ち申し上げます。それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。          
           山たまご&ひよこ                                            
12.12.30(日)22:40