岳行ノート

旗山・烏山(小平山) 649m・717m/三重県伊賀市

2013年1月7日(月)


加太不動滝から東海自然歩道へ戻る渓谷



 昨年、登り納めに南鈴鹿の経塚山を周回したのですが、心に引っかかっている滝があります。それは加太川(カブト)の加太不動滝です。

 川には豪雨の爪痕の流木が、おびただしく残っていました。加太不動滝に寄った時、そこにも長い二本の裸木が、滝の前で岩壁に寄りかかっていたのです。

 流木の上部から石やツララが落下する危険がありますが、何より景観を損ねていました。そこで一緒に行った野良人さんに相談『片づけに行きましょう』


 折角ですからその時と異なるコースで滝へ向かいます。車は名阪国道伊賀インターで下りますが標識は、←柘植(ツゲ)でした。


教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊「地図で歩く鈴鹿の山」です。
<駐車地>

大きい地図・ルート検索  


駐車地→巡視路→▲旗山▲烏山→東海自然歩道出合→加太不動滝→
廃屋西の分岐→×道ミス→廃屋西の分岐→ぞろぞろ峠→WC(奥余野公園南)→駐車地

 ※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時40分発  曇り/−1℃
駐車地:午前8時35分着  曇り/1℃
往:2時間40分(加太不動滝まで以下、小休止含)
復:2時間50分(道ミス40分含、ランチタイム除く))
◆所要時間:5時間40分



 伊賀インターから北上し、柘植駅手前を右折して踏切を渡ります。北へ2km走り、人家のない植林地で左の空き地に置車。
(8:45)

 この道は東海自然歩道です。走ってきた方向と逆の南へ350m戻ると‥ 

 送電鉄塔の番号標識があり、ここを左へ曲がり植林の中へ入ります。

 250mほど薄暗い道を歩き、右に巡視路の取り付きを見つけました。ここが登山口です。(8:55)



 登山道は巡視路なので明快、急登個所には関電の木の階段が設置されています。中電はプラですが、コストはどうでしょう?

 二つ目の鉄塔手前で山道は淡雪となり、熊鷹神社からの道と合流。やがて積雪した広い尾根を木の階段で一汗かくと‥




 旗山(ハタヤマ)三等三角点山頂です。周囲の幹が殆ど食害でやられ痛々しい。南へ尾根を1分降りると‥
(9:50)





 3つ目の鉄塔に出て東西に好展望。辿って来た2本の鉄塔が下に見えます。名阪国道に近いので工場が多いようです。


 山頂に戻り、次の烏山(小平山)へ稜線を歩き出すと、、、
野良人さん『これは綺麗。山さんも撮って』と2人でシャッターを切る。
曇り空は残念ですが、零下の世界は保たれ樹氷に出合えました。






植林と自然林の間の緩やかな良い道を行くと分岐です。
ここは下山時に通るゾロゾロ峠と逆の烏山(小平山)へ右折します。
(10:20)





 アセビのトンネルを一旦降り、痩せた岩尾根を慎重に登ると‥


 二山目の烏山(小平山)です。三角点、展望はありません。標識の「国道25号線」方向が良い道で、ミスしやすい個所です。

 磁石を確かめ、標識の矢印が無い東尾根へ向かいます。バリルートです。
(10:35)

※地形図はこの先に破線がありますが、ガイド本ではその道は「不明」となっていました。

 尾根を10分ほど東南へ降ると南方向に良い道、そこに入らず東北に進路変更。すると伐採された木が散らかる植林となり、辛抱して高度を下げます。

 やがて尾根突端となり、右急斜面に安全な道を探して降り5分ほどで東海自然歩道へ出ました。安堵して下流へ進みます。(11:40)














 橋を三つ渡り、急な階段を登降してまた橋を渡ると加太不動滝の落ち口です。(左写真)下を覗くと岩壁にもたれる問題の2本の裸木が見えます。そこから山腹道を辿って川岸へ降りました。方向を変え上流に向かうところが右写真です。その右端に問題の流木が見えます。


 2週間ぶり。落差18mの加太不動滝の滝壺は岸壁に囲まれています。ランチして仕事に備えましょう。済むと‥
(11:55)

 野良人さんが、見たこともない折り畳み鋸を出しました。高級ステンレスで刃も柄もピカピカ。まず左の木を切ります。

 上側に半分、下側に半分切り目を入れ岩で叩くとビシッと折れて残りがストンと落ちる。太いのでなかなか切り応えがあり、ヒノキの香りが漂います。

 4回切ってバラしたら、2本目の細い木です。これはさっと切れます。ここまで段取りとのこ引きは、すべて野良人さん担当。随分手慣れているけど何者?

 奮闘30分あまり‥私は木を片付けただけですが、、、
すっきりした景観になりました。来た道の東海自然歩道へ戻ります。
ところが途中、GPSをONしても無反応。胸ポケットに入れていたので湿気で壊れた?『ショック』
(12:55)



 東海自然歩道と出合った個所まで戻り、さらに右岸沿いを遡ります。小滝を見たり、右岸〜左岸と渡り返したり変化充分です。

 下山ルートはすべて東海自然歩道。山道と違い、それなりに整備され道標もあるのでGPSの故障は気になりません。





 左岸にツララ群を見つけ、気温の低さを知ります。この先で右岸へ渡り、沢沿いに右カーブ。ここからが重要ポイントで程なく‥

 小広場の廃屋に出合います。もうすぐ進行方向が、北西から西へ変わるはずです。ここが第一ポイント。
(13:40)
 ボロボロの小屋前を通り、左の沢へ丸太階段で降り渡渉します。渡った左岸に木のベンチ(写真右上)。ここが第二ポイントです。
 (左上写真)ベンチから数十mほど踏み跡を辿ると、沢がY字状に二股に分かれます。沢を渡らず写真中央の木の前を左折して薄い踏み跡を行きます。ここが最も重要な第三ポイント。  (右上写真)すると枯れた支流に丸太橋が架かっています。その先で右へ渡渉し、沢を離れ山腹を登っていきました。

※実は、私達は左写真中央の木の右から直進して沢を渡ってしまったのです。どんどん行くと道の整備は悪く道標はなく木橋も細く東海自然歩道っぽくありません。私のGPSは壊れたので野良人さんのGPSを見ると電池切れ。磁石で確認すると西へ向かわず北へ歩いていました。左上写真地点まで戻り、40分のロス!

登山道には、東海自然歩道の道標が現れました。
お馴染みの階段は、痩せた尾根にこれでもかと続きます。
下山ルートは東海自然歩道だと油断していました。侮れません。



 そして待望のぞろぞろ峠559mです。加太不動滝から沢を上流へ辿ったので、ここまで緩くても登り続きでした。

 ここからはゾロゾロ降るだけですが、不思議な峠名です。道標の「→奥余野森林公園」へ向かいます。
(14:55)


 沢沿いの道を35分歩くと堰堤に出て、右端から林道に出ました。数分で綺麗なWC、前に奥余野森林公園の駐車場です。
(15:30)

 左折して車道を駐車地まで戻ります。途中で左折・右折の箇所があるので地図の確認は必要です。
(15:55)



パーティのメンバー:左から博士、画伯、私、野良人さん。皆さんのお陰で沢山の思い出ができました。ありがとうございます。

なおGPSは、冷蔵庫に2日間入れて除湿したら復活しました。『やったね』


東海岳行
   “結婚線が消えてきた” 

 前にテレビで明石家さんま『俺はトリ顔や』と言ってました。どんな顔かというと3つの特徴があり(1)小顔、(2)鼻がシュッと高い、(3)歯が出ている と話します。『若いとき前歯を折り、歯医者が出っ歯を治したらと言われた、治すといい男になり過ぎるので止めたんや』笑わせました。

 思えば他にもトリ顔系のタレントがいます。男性ではロンドンブーツ1号2号の田村敦さんちゃんに似ているし、女性では研ナオコ、ハリセンボンの箕輪はるかが思い浮かびます。私は周りにもいました。学生時代ビートルズのコピーバンドをしていましたが、メンバーの川本君です。

 サウスポーでリードギター担当。それだけでもかっこいいのですが、ロン毛のトリ顔でシュッとしていてもてました。鼻が高く日本人離れした顔だと思いますが、一重まぶたが多いような気がします。二重にしたら欧米人と区別がつかなくなるので一重を守っているのでしょう。

 

 そうそう女性でもう一人トリ顔系で大好きなお笑いの大御所がいます。それは久本雅美、愛称マチャミ・独身・54歳。司会者、女優、タレントとマルチですが基本はお笑いです。さんちゃんと同じで歯を治せば、美人になるでしょう。そうなるとお笑いに進まなかったかもしれません。

 先日、名古屋の中電ホールに彼女のライブに行きました。ホールは444席と小規模で前から8列目の好位置です。彼女はレギュラーが5本も抱え、テレビで十分だと思いますが、ライブに意欲を持っています。

 今回も初企画で音楽で遊んで笑わせるというものです。タイトルは「結婚線が消えてきた」 共演のポカスカジャンは、同じワハハ本舗の3人組コミックバンドです。開演は客席からの登場。以後何回も舞台を降りて客席を回ります。



 私たちの2mの近さまで来ました。化粧はめちゃ濃い。クラシック、童謡、演歌、替え歌と内容は多彩で相当歌唱を練習したようです。しかし、一発目のアカペラの出だしで微妙に音が外れ、当然のように笑いがおきます。

 客層は意外でしたが、私たちくらいの高齢層が中心です。下ネタもバンバンあり、パンツとお尻の間にソバを挟んでクイッとやり、バリッと割れて本人は大喜びする。昨日のステージでは失敗したからです。

 トークで面白かった話を一つ。舞台の練習後、スタッフと小さなスナックへ行きました。カラオケを歌ったり面白ネタをしたり、店内を彼女独りで盛り上げる。そこへ50代に見える大杉さんが一人でやってきました。お店の一般客です。



 彼が入店してからも彼女はテンションを上げて笑いを取り大いに場を盛り上げ続けました。すると大杉さんは、突然『君なら、いつかテレビに出て活躍できる。きっと活躍する』と1万円札をマチャミに渡そうとします。丁重に断ると『君は光るものをもっているよ』と褒めてくれたそうです。

 舞台は衣装替えが5回もあり、いずれもド派手で楽しませてくれました。『金はあるで〜』と言うけど、彼女のすざましい貯金残高はどのくらいだろう?

13.01.14(月)23:15