岳行ノート

大川入山 1908m/長野県阿智村 

2013年11月28日(木)


流れていくのは時間だけなのか 吹雪、吹雪、氷の世界




 いつも山行をご一緒する野良人さんが、長野の昼神温泉で一泊忘年会を山仲間と催されるので私にも参加をと声をかけて戴きました。

 翌日の山行を企画してくださいと頼まれ、いくつか考えたのですが、皆さんの未踏の山で大川入山(オオカワイリヤマ)に決定。4人パーティです。

 この山を昨年初冬に登られたドルフィーさん、見たことのない霧氷のメールをいただきました。最近、寒気が続き絶景の条件が整いつつあります。


 折角、2台の車があるので縦走しましょう。中央自動車道園原インターから昼神温泉に行きます。翌朝、温泉街の外れで国道153号線に移り南下。


 教科書は、中日新聞社刊「東海・北陸の200秀山/下」です。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図



治部坂/駐車地



△横岳

「山頂まであと2km」

「山頂まであと1km」

大川入山

曲折点

あららぎ高原登山口

あららぎスキー場駐車場



※赤線はGPS軌跡


■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


昼神温泉:午前8時15分発  曇り/5℃
駐 車 地 :午前8時50分着  曇り後あられ2/℃
往:3時間35分(大川入山まで、小休止含)
還:3時間00分(ランチタイム除く)
◆所要時間:6時間35分



 あららぎ高原スキー場
に車をデポ。さらに南下して治部坂(ジブサカ)高原スキー場を左に見たら250m先の舗装道を右折します。

 分岐を左へ進み突き当りの路肩に駐車しました。気温2℃なので冬支度です。歩く先に登山道の標柱があります。
(9:20)





 荒れた地道を行くと10分ほどで流れの音が聞こえました。鉄橋を渡り右岸沿いから尾根に移ります。





 いきなり始まる走り根の急登。周囲には昨夜降った雪がちらほらしています。これで霧氷出現の期待は高まる。

 急登が、結構な時間続き絞られます。登山道で見る
今年度初めての霜柱。
 
 ようやく勾配が緩むと歩くスピードも増します。昨夜は、温泉地は雨でしたが高度が高い所は雪のよう。



 そして三等三角点の横岳1574mです。登山口が1200mでしたので大川入山まで標高を半分稼いだのですが‥
(10:35)

 距離は、まだ1/3程度。道は車が通れるくらい広い道で遊歩道のようです。

 やがて東南にお向かいの蛇峠山1664mと治部坂高原スキー場のゲレンデが見えました。

 そして北方に大川入山山頂が待っている。距離的には、まだ半分も来ていなので遠く感られます。





 良く整備された笹分けの登山道は氷点下です。耳も頬も覆います。笹上に昨夜の仁丹粒ほどの粒雪がサラサラ残っている。
 1683m四等三角点のピーク(点名:もみじ平)に来れば、登りルートは2/3くらいは過ぎたでしょう。
(11:25)

 三角点のすぐ先でこの励まし標。何度もアップダウンを繰り返す山稜に体力と希望を失わないよう気を張らなければなりません。(11:30)



 次第に登山道の積雪が増え5cmくらい。そして山頂手前の最低鞍部舞鶴のコル。ここから250m標高を上げれば山頂です。
(11:55)

 雪はすべてを隠す、獣糞にも雪は積もる。ものすごい速さで小動物が登山道を横切りました。足跡を見るとウサギです。

期待通り、周囲は絶景の霧氷パラダイスになりました。
風が強く粉雪が頬に当たり、体感気温は低くなります。
でもパウダースノウの雪は足に心地いい。

横から吹雪が吹き付ける。壮絶な登山になりました。
すると登山道左に凍った羊が現れたり消えたり。
ドロフィーさんのメールでは左のような感じだったのです。→

こんな青空だったら100倍感動する。
でも見えたことは素直にうれしい。先を行くみんなも見たかな?


 二等三角点山頂に着きましたがゆっくりしてられません。おにぎり一個と暖かいスープを飲んで出発。
(12:55)〜(13:05)

 野良人さん持参の気温計は-5℃! 初めてその値まで水銀を下ろしたでしょう。寒のポカリを飲めば、身も縮む。





 下山は、山頂から北へ降ります。まだ吹雪いていて1150mのスキー場駐車場まで750mの標高差です。





 樹木も凍てつき、これが本当の樹氷じゃ。山頂から150m降って100mの登り返しがきつい。





 登り着くとそこは曲折点。直進の笹藪は恩田大川入山1921mへと向かいます。右折して尾根を東へ進みます。

今年度初の冬山で霧氷も枝に着いたエビの尻尾も見え、幸先は良いようです。
こちらも整備された広い道です。おっと1724mピークにある四等三角点を見逃しました。
この縦走コースには、4か所三角点があり、それを見つけようと思っていたのですが‥3つで残念。





 このあららぎ高原ルートは、4年前の山行で感動的な紅葉パラダイスを楽しみました。その場所を思い出しながら行くと青空出現。




 荒れた天候も収まりほっと一安心。尾根をどんどん降ると森林開発公団のアララギ造林地に出ました。ここからスキー場は近い。
(15:35)





 待望のゲレンデ端にある登山口。ここから駐車場は意外と遠い。
(15:45) 



 ゲレンデに雪はこれっぽっちも無く、滑り降りることはできません。さてスキー場を1km歩きましょうか。

 あららぎ高原スキーセンター隣接の駐車場着(16:05)



 横岳にて。左から博士、作家、(私)、野良人さん。みなさんお世話になりました。


東海岳行
  “東京だよ ひよこさん” 

 先週の道草に記しましたが、ポール師匠の公演で11月21日(木)に東京へ行きました。蔵前のホテルに着くまで休憩と食事も含め5時間半のドライブ。コンサートまで充分時間があり、歩いて10分の浅草に向かいます。雷門の交差点に着くと車道から10m位しか離れていないところに有名な大提灯がぶら下げられています。

 観光客、修学旅行の中学生や外国人が入れ替わりで記念写真を撮っている。実は3日前、この大提灯が10年振りに新調され奉納式典がありました。前日までイラストの描かれたシートが掛けられていたので私たちは運が良かった。高さ3.9m、直径3.3m、重さ700kgの大物です。(下左)

 
 この大提灯は、1865年の火災で焼失して1960年松下電器の故松下幸之助さんが寄贈しました。提灯下にある銘板は、旧社名の松下電器(現パナソニック)のままです。底を覗くと竜の立派な彫り物がありました。(上中) 参道の仲見世は大変な人でごった返しています。(上右) 私たちはあげ饅頭を買い食い。(下左)

 中学生が一生懸命お店を巡ってお土産を探しているのが懐かしい。雷門よりでかい宝蔵門を抜けると浅草寺です。(下中) お香を身体にかけてお賽銭を投げ旅の無事を祈ります。ご神体はゴールドラッシュ(下右)です。建物はコンクリート製のようです。何よりも拝観料を取らないのが庶民的で親しみを持てます。


 この後、コンサートに向かいました。ひよこさんが今回の東京ツアーで一番行きたかったのが浅草寺です。私はスカイツリーです。(下左) そこで翌日は、浅草寺近くにある東武スカイツリーラインの電車に一駅乗り、「とうきょうスカイツリー駅」に着きました。しかし、改札口を出て入場券購入の場所がわからない。

 尋ねながら10分くらい歩きようやく券売機を探しあてました。ネットで予約してあるので大行列に並ばなくても大丈夫。ただ500円お高くおひとり様2500円です。すぐエレベーターに乗り、350mの天望デッキへ向かいます。下りたら直ちに展望回廊へのチケットを1000円で購入しなければなりません。


 そして再びエレベーターに乗り、450mの展望回廊へ行きました。(上中) 絶景です。見渡す限りの関東平野には、勝ち誇ったようにビルや建物がビッシリ。(右上)は隅田川で中央上に見える森が浅草寺です。(下左)は、西の富士山、右奥が新宿高層ビル群。360度の快晴展望はラッキーでした。

 このタワーは2012年5月22日に開業したのですが、いまだに新名所人気は衰えません。帰りは4台のエレベーターの大行列に加わりました。お土産屋さんで堺雅人の人気は衰えず「倍返し饅頭」はお品切れ。放映中の「リーガルハイ」をもじった「リーガルパイ」が絶賛発売中でした。




 首都高速に乗る前、寄り道して新装なった東京駅を見ます。ここで行われたプロジェクション・マッピングが、一躍有名になりました。この冬は、大阪城ハウステンボスなどでそれを全国で見られます。東海地区でもイルミネーションもいいけどプロジェクション・マッピングをやってくれないかな。
 『ポールのコンサートまたみたいな』と思いつつ二品で一位になったポールのニューアルバムを聴きます。

 5時間近くのドライビングは江南まで続く。
2013.12.01(日)23:45