岳行ノート

日本コバ 934m/滋賀県東近江市 

2013年12月11日(水)


岩屋の中から入口を見ると‥入口から岩屋の中を見てる




 日本コバは、8年前に藤川谷~山頂~政所川西の基本コースを歩きました。しかし、二つの心残りがあります。ひとつは洞穴の岩屋が未発見。

 もう一つが、ルート途中の衣掛山が良くわかりませんでした。今回は野良人さんを誘い、日本コバ北の惟喬親王御陵(コレタカシンノウ)から辿ります。

 基本コースは東からですが、北からの道あったの?というような気持ちです。名神高速の八日市インターで下り、県道327号線で北進。


 すぐ県道229号線に移り、東方向へ走ります。インターから16kmで惟喬親王御陵の鳥居前に着きました。先週に続くリベンジシリーズです。


 教科書は、西内正弘著・中日新聞社刊
「鈴鹿の山 万能ガイド」です。
<駐車地>
[+]詳細図、[-]広域図、ドラッグスクロールで移動

大きい地図


惟喬親王御陵P

小広場

盤石の丘

林道終点登山口

△衣掛山

岩屋

▲日本コバ

角井峠分岐

▲衣掛山最高点

林道展望地

林道通行止看板

惟喬親王御陵P


※赤線はGPS軌跡

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前6時25分発  曇り/5℃
駐車地:午前8時00分着  曇り
往:2時間30分(まで、小休止含)
還:2時間05分(ランチタイム除く)
◆所要時間:4時間35分

 木地師の祖といわれる惟喬親王御陵前の広い駐車場に置車します。鳥居左の石柱に元禄七年(319年前)の彫字がありました。鳥居を潜ると‥(8:20)

 右に親王の座像が祀られています。悲劇の親王伝説は滋賀県には多く残り、興味がある方は記事をご覧下さい。御陵内の道が終わる頃、左尾根に移り‥





 小ピークを降ると林道が見えました。下の広場手前から未舗装の道へ降ります。
(8:35)




 衣掛林道(大山谷林道)を南進すると右に「盤石(バンジャク)の丘→」の案内板。立ち寄ってみます。
(9:10)

何と途中にトイレがありました。
盤石とは大きな岩のことですが、ここは以前、萱刈りの人の休憩地でした。
数分で登られる小高い丘は好展望です。遥か県境の鈴鹿山脈や‥
(9:15)
  北西に彦根市内の荒神山284mが望めます。その後ろは琵琶湖です。
展望を満喫したら林道へ戻り南進すると、落石が散乱した荒れた道になり‥

 やがて林道終点の広地。その先が登山口です。1時間以上のアプローチでした。(9:30)

 登山口から早速、きつい植林斜面の直登が待ち構えています。ひと登りすると‥



 歩きやすい尾根道になり、右が植林・左は二次林。そして政所川西の分岐でここを右折すると、すぐ衣掛山870mです。

 アプローチで歩いた衣掛林道が、目指していたのはこのピークでした。
(9:40) 



 更に尾根を進み「日本コバ⇒」の白い道標で左折し尾根を外します。するとこの三叉路分岐に出合い「藤川谷」方向へ。

 本来は「日本コバ」方向へ向かいますが、登頂前に見つけられなかった岩屋を探索します。「岩屋→」の道標を見て‥
(9:55)
下降すると苔にコーティングされた魅力的な岩場です。
8年前に来た時は、左に立つ「岩屋→」の道標で混乱しました。この岩場をぐるりと回ったのですが?

  実は野良人さんが、何年か前に岩屋へ行ったことがあり、案内していただきます。
写真右、岩の間から下の段へ降ります。
これは藤川谷へのルートですが、そこを右折して岩壁に沿って歩くと‥



 20mで岩壁に人が潜られるほどの穴がぽっかり開いていました。先回、私は10m位の所で戻ってしまったのです。

 文献では「日本コバの北で山裾に岩屋」とあるそうです。さあ、入洞しましょう。
(10:00)

 意外! 中は広く床は平らで天井まである程度の高さがありました。クマモンの縫いぐるみを着て隠れていたら入って来た人は、腰を抜かすかな。もしここに電気ガス水道が完備していれば、2~3日暮らしてもいいな。石灰岩質の鍾乳洞のようで、1本立派な鍾乳石がありました。



 衣掛山を見つけたし、岩屋へも入ったので心は満たされました。分岐まで戻り、道標の「日本コバ」方向を目指します。

 気分のいい二次林を行くと藤川谷の上流部に出て右岸に渡渉。
(10:30)

 前回は紅葉期にこの沢沿いを歩いたのですが、落葉していても癒しの森です。
ここに電気ガスを引き、水は沢を利用して山荘を建てたら、2~3日泊まってみようか。
勝手な夢想をしてテープを追い‥





 谷を登り、稜線に出たら左折します。その尾根道で標高を100mほど上げれば‥


 日本コバ三等三角点山頂934m。樹木が成長して眺望は、あまりよくありません。ちょっと早いけどランチにします。

 気温は0℃、カップヌードルの暖かさが両手に伝わり離せません。下山は写真左、西に踏み跡があります。
(10:50)~(11:30)





 10数分、降ると尾根がY字に分かれミスしいやすい個所です。直進方向は×、左にテープがありました。その尾根を進むと‥



 左側が植林になり「日本コバ⇒あと1km」の道標。松尾谷への分岐です。右尾根を取り、200mを5分歩くと次の分岐。
(12:00)

 それがこの写真「日本コバ⇒あと2.5km」の道標が立ち、永源寺への分岐です。ここも右を取り、10分ほどで‥

 「日本コバ⇒あと3km」の道標に出合います。角井峠(カクイ)への分岐です。ここも直進せず右折すると‥
(12:10)

 尾根の入口にN字松が立っています。これがルートの目印で、この先快適な尾根道を降っていきました。右側は二次林、左側が植林です。



 N字松から5分ほどで、尾根を直進せず左に降りますが、テープが誘導してくれます。やがて衣掛山の山名標。

 往きに通った衣掛山より10m標高が高い880mの最高点です。でも眺望はありません。
(12:30)

最高点より数分降れば、往きに歩いた尾根道に合流します。
そこには白い「日本コバ⇒」の道標があり、この先は知った道です。
(12:35)

林道終点登山口(12:50)


衣掛林道(大山谷林道)で下山途中、展望地があり北鈴鹿が望めます。
冠雪した御池岳1247mが、いち早く冬の到来を明示する姿がインパクト大です。
小広場から親王御陵へ向かわず、林道を歩き続けましたが、思ったより長く感じました。

駐車場着(13:35)



 野良人さん(左)、岩屋を教えていただき感謝です。白菜とコイカミックスジャコをありがとうございました。


東海岳行
  “モーターショー” 

 「名古屋モーターショー」が、名古屋市港区のポートメッセなごやで12/12(木)~15(日)に催されるというので初日にひよこさんと行ってきました。二年に一度の開催で今年は18回目になりますが、私たちは初めてです。国内外メーカーの最先端の車が、約400台の展示されています。

 11月23日に開通したピカピカの名古屋高速4号東海線を走り、伊勢湾岸自動車道で会場へ向いました。名港中央インターで下りて料金所を抜けるといきなり警備員が誘導しています。車列に並んだが最後、とろとろ速度で歩くより遅い。土日は混むから避けて平日に来たのですが‥


 30分並んでようやく駐車場に入ることができました。まず1号館に、、、ここはバラエティ館です。超小型モビリティ(上:左)の試乗をやっています。我が家にも一台あったら買い物に便利そうです。キャンピングカーカスタムカーなどが展示されていますが、一番強烈だったのはラッピングカー(上:中・右)です。

 鏡面ボディや豹ガラのシートを張った車がディスプレイされていましたが、こんな風にラッピングしたら超目立つ。2号館は国内メーカーのニューモデルコンセプトカーで一番楽しみな所です。まずは、ショー終了後の12月16日(月)発売、日産エクストレイル(下:左)。これで私の愛車エクストレイルは旧型車になります。


 全体的に丸みを帯びたデザインに変更され私としては残念です。愛車は、2列目の椅子を倒すとトランクルームが真っ平になり、車中泊が快適でした。新型は傾斜があり、それも残念。来年、ハイブリッドタイプを出すようです。(上:中)は同じく日産ブレイドグライダー、前席は運転席のみで後列が2座の次世代EV。

 (上:右)はトヨタのコンセプトカーで一人乗りですが、ドライバーの体重移動によって前後左右を直観的に運転操作をします。それはバイクでも充分体感できると思いますが、ユニークな車です。身体にぴったりの服を着てデモをするモデルに私もみんなも見とれています。(下:左)もトヨタで水素で動く燃料電池自動車です。


 (上:中)はホンダS660、その名の通り、軽自動車のスポーツカーでいずれ市販化されそうだ。スポーツカーに乗ったことがないので試乗会があったら行ってみるかな。(上:右)はスズキジムニーベースの1.3ℓエンジン・ハイブリッド本格四駆車。ワイルドだ、でも乗り込むのが大変そう。

 展示車をお客が触ったり乗ったりして指紋が付くのでどこも係りが必死に磨いています。(下:左)は三菱のコンセプトカーで3ℓエンジンプラグインハイブリッドGC-PHEV。デカイSUVでヒップアップのデザインが斬新、けど高そう。(下:中)はダイハツデカデカ、全高が185cmもあり両側観音開きドアで解放感はんぱねえ。

 そして3号館(上:右)は海外メーカーの展示なので我が家には縁遠く目の保養をさせていただきました。1号館に戻り、軽食を食べたり、お茶したり、マジックショーを見て下山します。駐車場を出るとやはりインターに入る車で恐ろしくも数百m並んでいる。ナビを駆使して並ばず料金所に入ったのでひよこさんが喜びました。

2013.12.15(日)23:40