岳行ノート

燕岳 2763m/長野県安曇野市 

2014年9月15日(月・祝)


ハイマツ樹海と白砂の美しい山

花崗岩で作られた奇岩奇峰の向こうに燕山荘




 9日(火)に郡上市の気良烏帽子へ行きました。現地で登山口へ向う林道が崩壊したことを告げられ、一歩も歩かず帰宅しました。高速料金残念無念。

 さて2005年の「大道草1/キスリングの奇跡」は、学生時代の燕岳登山にかかわるエピソード。以来、センチメンタル・トレッキングを考えていました。

 しかし、9年過ぎても一向に計画は具体化しません。私の長男の富士登山(今回の道草)に触発され、お天気週末を待ち、やっと出発の運びとなりました。


 コースタイムは8時間、休憩を含めれば10時間越えです。前夜泊して日帰り登山しましょう。学生時代、山頂で記念撮影をした岩場を是非見つけたい。


 教科書は、山と渓谷刊「新・分県登山ガイド 長野県の山」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



市営第一駐車場
→登山口→第一ベンチ→富士見ベンチ→合戦小屋→
合戦山→燕山荘→▲燕岳→燕山荘(ランチ)→市営第一駐車場


※赤線はGPS軌跡 ●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:前日午後5時20分発   曇り/29℃
駐車場:前日午後9時40分着   曇り/11℃
起  床:午前4時50分       曇り/11℃
往:5時間55分(山頂まで、小休止含)
還:4時間00分(ランチタイム除く)
◆所要時間:9時間55分




 前夜、登山口に近い第一駐車場に着くと10台ほど空いていました。キャパは50台です。芳醇な香りの簡易トイレもあります。

 起床して着替え朝食を済ませて出発です。温泉橋から駐車場を見ると『お帰り、待っていま〜す』 愛車に見送られ‥
(5:50)




 車道を上ると中房温泉登山口(ナカブサ)です。綺麗なトイレもあります。前を歩く人について行ってしまい慌てて戻りました。

 ここを左に折れ、奥から標高1360mを登る山旅の始まりです。北アルプス三大急登の合戦尾根を登ります。
(6:05)




 傾道は急勾配。整備されたジグザグ道は、主に岩、木の根、板の階段の構成です。段差が不定なのでゆっくり足を運びます。

 気温11度は初冬仕様。空は全面的に曇っていますが、予報の「9時から晴れ」に望みをかけましょう。 





 合戦小屋まで30分毎に休憩地があります。汗ばむ頃、平地に設けられたこの第一ベンチ到着。衣類調整します。
(6:45)

 再び急坂の樹林を行くと30分後、具合よく平地があり第二ベンチに着きました。
(7:20)




 こうなると次の30分が楽しみになります。やはりピッチはかわらず第三ベンチが、キッチリ現れました。

 山荘泊した多くの下山者とすれ違います。子供連れ、若い人、団体‥昨日は天候が良く、山は大変な人出と聞きました。
(7:55)

 そして次の富士見ベンチでは運よく富士山(右端)が望め、ご本尊のように拝みたくなります。
人々の憧れや願いを受け止めてきた霊峰、、、どこで見ても存在感は別格。
左奥が南八ヶ岳、全天が曇っているのに、これだけ眺望があるのは幸運です。
(8:35)






 学生の頃、キスリングを背負い必死で登った岩場はここかな? 飴1個でバテを復活させた若さのかけらは落ちてないか?




 すると『祭りかい?』と見まがうほど大勢の登山者集う合戦小屋。名物の冷やしスイカは、1/4カット800円です。

 大きすぎるので『1/8カットはダメ?』と頼んでも断られました。持参のアミノバイタルゼリーでエネルギー補充します。
(9:10)

 小屋で充分休憩したら足を進めます。曇りのち紅葉、今月末には色の競演が始まるでしょう。
『ナナカマドの赤が、良よさそうですね』『あれ槍じゃないスカ?』『ほんと、大発見じゃないスカ』

槍を見つけた知らない人とカメラを構えます。





 合戦山(合戦の頭)2488m三等三角点に着くと標高の旅は1100mに達しました。展望は良く有明山2268mや安曇平‥ 

 残りは標高差275mです。しかし、ここでどんな戦いがあったのでしょう。
(10:00)






 眺望は良く前方を見ると右端のピークが山頂。左ピークに燕山荘が乗かっています。この辺りから森林限界です。






 山頂稜線へ最後は、ザレ場のトラバースを鎖が補助します。一番慎重に足を運ぶところですが、ここを越え‥




 稜線に立つとすり抜ける風が冷たい。燕山荘(エンザンソウ)2712mは大正10年、93年前の創設で収容650人と規模が大きい。

 外周りにテーブルセットが沢山おかれ、展望は最高です。殆どの登山者は、リュックをデポして山頂を目指します。
(10:55)





 風除けのダウンを着て過ぎ去った日のかけらを探しに行きましょう。結局、青空には恵まれませんでした。

 雲が高く遠望が利くのは、さすが秋の空。美しい尾根、砂礫地の踏み跡を辿ると‥





 次々と現れる不思議な形の岩搭群。代表は、このイルカ岩でしょう。顔左に槍ヶ岳穂高岳を入れるのが常道だそうです。

 ゴリラ岩があるそうですが、わかりませんでした。
『来た!ツバクロダケ』標高2763mの狭い山頂、この右に二等三角点があります。
休憩時間は80分、歩行時間は4時間35分、ほぼ標準タイムで登頂することができました。
長野県の中学校は、学校登山として燕岳を親しんでいます。そのためか難渋個所はありませんでした。


左奥:立山3015m、中央奥:針ノ木岳2821m、右奥:鹿島槍ヶ岳2889m
峰なす山‥日本の山は3000m超が21座、14座が長野県に属します。

左は大学1年の夏、ワンゲル部員として登ったときの山頂写真です。
当初、山名が不明でしたが訪問者の方に燕岳と教示いただきました。
やっと再訪でき心から嬉しい。まさにこの岩の周りで撮ったものです。
(11:45)




 山荘に戻る時、猿を3匹見ました。あっという間に隠れたのですが、今度はホシガラスが何羽もハイマツの上を飛んでいます。

 ライチョウには出合えず心残りです。グーッと腹が鳴りました。この頃、足の踏ん張りがきかなくなりちょっとダルイ。




 途中、眼鏡岩を見つけ、写真を撮っていただきました。

 学生時代のもう1枚の写真はここだと思ったのですが‥どうも違うような?




 靴を脱ぎ綺麗な山荘でランチします。トイレは簡易水洗で無臭です。800円の天ぷらうどんを注文。

 宿泊客が次々受付します。体調は優れずここ(1泊2食9800円)に泊まりたい気持ちになる。でも大休止したら何とか復活。
(12:25)〜(13:00)

ゆっくり下山すると合戦山手前の岩頭から安曇野が望め、2000m差の高度感を味わえます。
手前左:有明山2268m、遠くは八ヶ岳、、、富士山は雲のカーテンが、かかり見えません。(13:30)
スイカが売れなくなった合戦小屋(13:40)、よく喋る外国人が下山する第二ベンチ(15:15)
厳しい降りが続き、膝に大爆笑されたらまずい。小休止は欠かせません。
一日中、足筋を酷使したのできっと筋肉痛は間違いない。
『お帰りなさ〜い』 市営第一駐車場着(16:20)

 
東海岳行
  “息子の遥かな富士” 

 『父さん、登山に連れってて』息子から2年前の秋、電話がありました。彼は、翌夏に友人と富士山に登ろうぜ約束したようです。しかし、登山初心者がいきなり3776mはないだろうと考えました。そこで親子登山して息子に御在所岳を経験させたのですが、その後、金華山にも友人と登り経験を積みます。

 やがてその夏、、、私は彼の行動力に触発され富士登山を決行。ところが夏は終わっても彼は富士登山を未実行です。仕事があり家庭があり、友人の都合と合致させることができなかったのでしょう。どんな山でも登山口から山頂を踏破するより、家から登山口へ行くことが一番難しい。

 その次の夏、つまり今夏8月、息子は家にやって来て登山道具を借りたいといいます。『何だかんだ言っても富士山には登れない。自分を追いこみ登ると決めてきた』余程の決心覚悟です。私は富士登山の注意事項をいくつか伝え、登山グッズを渡しました。



 ある夜、22時過ぎにメールが届きました。『仕事終わりで今から富士山に行って参ります。独りで』お盆休みの前日です。当初は5合目駐車場までのマイカー規制も知らなかったほどでした。登山ルートは、私の勧めで最高点に近い富士宮ルートで登ります。

 麓の水ヶ塚公園に走り、そこで数時間仮眠して朝一番、6時発のシャトルバスに乗車。登頂したらその日のうちに帰宅する弾丸登山です。朝7時20分、メール着信音が鳴り『風強いー』の文言に上と左の画像添付がありました。7時ころから登り始めたようです。『まずは良かったな』と思っていたら‥

 8時40分にメール着信音。『新7合目、たまに雷が聞こえる』 11時30分『ごめん。サングラス落とした』『えぇ〜!』  再び『女装の若い男性と友達になった』ツーショットの画像つきです。『単独のニューハーフか!』いろんな人が登る。



 調子が良かったのはこの辺りまで。悪いことにしばらくは山頂が見えず目標がありません。メールを打つ元気もなくなりました。着信音が鳴り、通話すると10分歩いて10分休憩、5分歩いて5分休憩してると苦しさを訴えています。その後、途中の山小屋でランチを済ませ、歯を食いしばって登ったようです。

 午後2時、富士宮ルート山頂に登頂したとメールが入り、すぐ着信音がなりました。『最高点はどっち』と聞くので『浅間大社に向かって左』『ありがとう』実はその後そこへは向いませんでした。往復1時間かかると聞き、体力的に無理の結論。しかも突然、山頂部に雲がかかり、雨が降ってきて慌て下山しました。

 後日、息子が登山道具を返しに来たとき、数々のエピソードを話しながら
『死ぬほどきつかったけど、、、日が経つと何だかまた富士山に登りたくなる』『そうだ、そういうものだ』 結論、二人は富士山に恋したようです。



 最近、私は登山した山から富士山の山頂が見えると剣ヶ峰を探し、しみじみ思いをはせます。『あの場所にあの日、立っていたんだな』

2014.09.21(日)22:35