岳行ノート

蓼科山2  2531m/長野県茅野市 

2014年9月27日(土)


まさに諏訪富士

蓼科山の別名です。完全な富士山形を今まで見たことがありませんでした。
天祥寺から望む美しい稜線は昔、女の神山と呼ばれたのがうなずけます。




 9月3日に野良人さんを誘い八ヶ岳北横岳を登りました。八ヶ岳登山は初めてとのこと。それではと蓼科山登山を計画しました。

 百名山であり、縞枯れ現象、溶岩の登山道、抜群の眺望など登山の楽しさは申し分ありません。何と言っても一番の魅力は、広大な山頂台地です。

 中央が凹んだ火口跡に岩塊が累々と積み重なる光景は、わが国で唯一無二のものと思います。この山ならきっと喜んでもらえるでしょう。


 絶対的晴れ日を待ち、中央自動車道を走りました。諏訪インターで下り、ビーナスラインを茅野市と立科町の境界、スズラン峠へ走ります。



 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド/長野県の山」です。参考書として多くのホームページのお世話になりました。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図




竜源橋駐車場


蓼科山登山口

三角点(蓼科麦草)

蓼科山頂ヒュッテ

蓼科山

蓼科山荘/将軍平

天祥寺原

堰堤・林道出合

竜源橋駐車場



※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点



■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前5時25分発   晴れ/21℃
駐車場:午前9時00分着   晴れ/11℃
往:2時間45分(山頂まで、小休止含)
還:3時間05分(ランチタイム除く)
◆所要時間:5時間50分






 スズラン峠の2km手前、竜源橋バス停を過ぎた所に駐車場がありました。いい天気です。ビーナスラインの坂を登ります。
(9:15)






 20分で蓼科山登山口バス停です。道の反対側には閉店している女神茶屋。笹分け道に入り‥
(9:35) 





 始まりは、緩い傾斜で準備運動にいい具合です。縞枯れの現象の山なので針葉樹林と思っていたら意外や広葉樹が多い。

 登山口から30分近く歩くと傾斜はきつくなり、岩の重なる道になりました。団体に追いつ抜かれつしていると‥

両脇に『目の保養だ!』青空にあざやかな秋色の並木。
今日は、紅葉を全く気にしてなかったのでこれは嬉しい誤算です。






 急登は続き、やがて四等三角点(点名:蓼科麦草)が登山道脇で構えています。殆どの登山者に無視されていました。
(10:40)





 2000m以上では空気が薄く、足運びが重くなります。『休憩!』振り返ると素晴しい眺望です。左は八ヶ岳2899m。

 急峻な岩峰が高さを競って屹立しています。右が南アルプス。こちらは、まだどの山にもお邪魔していません。






 標高が上がっても野良人さんはガンガン登る。『どーゆー肺してるの』 深呼吸しても紅葉岳行は楽しめます。やがて‥
6標高2400m近くで紅葉は消え、縞枯れ現象の森に入りました。
10数分登るとこの白い縞は終わり‥
(11:40)




 ただただ岩が、転がる岩ゴツ斜面です。岩に黄マーカー、ロープ、鉄柱があるのでルート探しに困ることはありません。

 斜面で御嶽山(岳行ノート金華山:道草)の噴煙を撮影しました。






 眺望が開けシャッターを沢山押して岩場を登るとと蓼科山頂ヒュッテです。左の分岐標を左折すれば‥
(12:15)






 程なく一等三角点(左下)山頂です。雲が引き、標柱右の八ヶ岳がバッチリ。標柱左は、9/3登頂した北横岳2480mです。
(12:20)
頂上台地は円形で直径200m、すべて岩塊で埋め尽くされた異世界。『歩きにくいぞ』
わずかに凹んだ火口跡を西へ行くと蓼科神社奥宮の鳥居と石祠(左中央)。
さらに進む西端に方位盤があり、その近くの岩かげでランチにしました。

しかし、この岩塊台地は、どうやってできたのでしょう。何mくらい積もっているのでしょう。
本当に不思議ですね。ランチが済んだら蓼科山頂ヒュッテへ戻り、北方へ岩道を降ります。
〜(13:30)






 下山も土が見えない急な岩道です。左の青い服の子は、小学一年生で大岩にたくましくファイトしています。






 岩道が終わると将軍平に建つ賑やかな蓼科山荘に出ました。建物の外れに交差点があり、右折して南東へ降ります。
(14:05)






 針葉樹林の堀道は、石が転がりとても歩きにくい。いつ終わるか楽しみですが、その気配はなかなか現れません。






 ようやく空が明るくなり森から出ると‥小岩が大岩に変わっただけ。もっと歩きにくい。数分で森へ戻りました。
(14:50)
北横岳の山体が見えると石道から笹道になり、天祥寺原(テンショウジハラ)1960mの分岐点です。
蓼科山荘から1時間15分かけて標高を400m降下しました。
まだ駐車場へは、300m降下しなければなりません。

しかし左上の紅葉がハンパないですね。
ここで右折して流れの無い滝ノ湯川右岸を辿ります。
(15:20)






 やっと歩きやすい道になり、歩速が上がりました。






 八ヶ岳と言えば苔。縞枯れの倒木や岩をコーティングしています。これもクールジャパンかな。






 やがて林道に出て鋼製スリット砂防堰堤の前を通ります。すると先に車道が見え、左折したら駐車場です。
(16:35)

 
東海岳行
  “夏の雪” 

 大阪の日本一高いビル「あべのハルカス」へ8月に行こうと思った時、折角の大阪なので何か他にも楽しめるものは‥と探すとありました。「スラバのスノーショー」という体感型ファンタジーショーの公演です。「この夏、劇場で吹雪が起きる!」というキャッチコピーに引かれます。

 ショーは、東京で8月6日から16公演を済ませ。大阪は5日間で8公演。チケットとは売り切れたそうです。これまで世界30か国以上で500万人動員した実績を持ちます。なら名古屋でやらないのが悔しい。大阪では、大阪城北の「シアターBRAVA!」という1200名余りのこじんまりした劇場(左下;右)です。

 ネットで申込み、端寄りですが前から4番目といい席のチケットが手に入りました。観客は夏休みと言うこともあり、子供連れが多いく、まさに老若男女と言ったところです。ストーリーの無いピエロのパントマイムなので、始め地味なショーかと思っていたらととんでもなくユニークで圧倒的に楽しいものでした。

     

 途中20分の休憩を挟み、わずか60分のショータイム。『みじか!』 始まる老人のピエロが旅行鞄からコート取り出してハンガーに掛けます。客席から見えないように右手を右そでに入れました。そのコートが生きているように袖を動かし抱き合ったりして別れを惜しむ演技です。

 そのテクニックは、一流だということがすぐわかります。次に6人のピエロが現れて彼にからむのですが、いでたちが60cm程の長い靴に1m近い横長の帽子をかぶった超個性的なもの(右上) その時、沢山のシャボン玉を場内に飛ばします。これが体験型というもの? と思ったら、それはほんの挨拶代りでした。

 幕の縁に白いものが垂れていてピエロがそれに触ると絡まってグチャグチャになります。それは蜘蛛の糸。突然、幕の上からドーンと長い白い布が落ち、ピエロが客席にそれを引っ張ると布が伸び蜘蛛の糸になってみんなの頭上を覆います。(下左) 手を伸ばして触るととても細く全然切ることができません。

   

 3mはある大きな蜂が飛んできてピエロにドカンとぶつかり、それだけで引っ込む。休憩時間にはピエロが客席に降り、バッグを奪ったり椅子の上を歩いたり強烈な客いじり。圧巻はラスト。突然、舞台奥の幕が開き3m以上の送風機が最高パワーで回る。同時に上から膨大な雪が落ち、場内は吹雪状態。(上右)

 もちろん雪は、薄い紙を細かく切ったものが、これが延々と続くので子供は大喜びです。結果、通路は下左のように20cmの豪雪。夜の公演までに片付けられるのか心配になります。エンディングにピエロが舞台に並ぶと背後からでかいボールが次々現れるので、みんな手を伸ばし後ろへ送ります。(下右)

 するとピエロが客席を廻り、記念写真を撮らせてくれました。主役のピエロを探すと幕袖に座り込みくたびれ果てています。ロシア出身のピエロ・スラバの創作・演出です。1993年初演なので、もう20年もこの出し物で世界中を回っているのですね。ショーは無邪気に笑え、楽しめました。次回は名古屋に来るのかな?

   

2014.10.05(日)22:55