岳行ノート

雪野山  309m/滋賀県竜王町


2015年2月3日(火)


歴史と自然の里山を満喫

(左は山ノ神の石碑)


 日本一の琵琶湖はどうやって出来たのでしょう。‥大昔、湖は三重県の伊賀市にあり、北へ移動して比良山系で止められました。

 そのためか西岸の道路を走ると結構、岸寄りです。その後、鈴鹿山脈が隆起して野洲川は、流れを伊勢湾から琵琶湖に変えました。

 東岸は、田園地帯が広がり、低山が島のように浮かんでいます。そこを5年前「湖東七低山一日駆け」しました。しかし登り残しがかなりあります。


 今回は雪野山をゆっくり周回するプランです。この山は古墳で有名で山頂をはじめとして全山で200基も確認されました。まるで古墳の団地です。

 低山でこれほどの古墳群を知りません。西暦600年前後に造られたと推測されています。ということで名神高速道路の蒲生スマートインターで下りれば‥

 教科書は、山と渓谷社刊「新・分県登山ガイド/滋賀県の山」です。
<駐車場>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図



妹背の里駐車場

天神社

古墳

雪野山

大岩

雪野山

ピーク277m

七層石塔

妹背の里駐車場



※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点


■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前8時10分発    曇り/0℃
駐車場:午前9時55分着    曇り時々晴れ/6℃
往:50分(山頂まで、小休止含)
還:2時間05分
所要時間:2時間55分

目の前に雪野山。北にある雪野山トンネルを潜って西側へ回ります。
田園地帯を走り、この写真を撮りました。右ピークが頂上で左の鞍部に建つ鉄塔経由で縦走します。
車を南端(写真右方)の妹背の里(イモセ)駐車場へ入れました。




 そこはキャンプができるアウトドア施設です。雪野山から出土した土器や写真が展示された資料館で予習しました。

 そして駐車場から北へ細い道を歩き出します。(10:05) 

 道が突き当たると左に龍王寺。(龍王は町名であり、雪野山の旧名) 右の天神社の鳥居を潜ります。燈籠横の案内図↑では、天神社を起点に山頂へ4本のルートが記されていました。案内図左端の天神社→山の神→第一・第二展望台→頂上のルートで登ります。





 参道を進むと石段の上に新しい社が眩しい。社の左で登山道に移り、イノシシ防護用ゲートを開閉します。
(10:15)




 木漏れ日の整備された道を緩やかに進む。説明板が多くの古墳の位置を示しているのでカメラに収めました。

 程なく古墳群への分岐があるので寄り道します。左を取り‥
少し登った所に石室が残った龍王寺北古墳群T支群4号墳
出土品があり、1400年前に造られ事がわかりました。

周囲の古墳に比べ一回り大きな墳丘で最有力者層のものと推測されます。
分岐に戻り、登山道を登ると山ノ神の石碑(TOP写真)。ジグザグして第一・第二展望台を過ぎました。





 展望台からさらに高度を上げると南西方面の景色は良くなります。蒲生野に日野川が流れ、左上が名神高速道路です。
 そして一等三角点山頂に到着。16年前の山頂調査で古墳の竪穴式石室が発見されました。(左写真) 長さ6.1m、幅1.5m、高さ1.6mで三角点の左側ですが、今は埋め戻されています。前方後円墳で全長70mあり、山頂が前方部です。
 西暦300年前半に造られ、副葬品も鏡、剣、鎌など多数出土しました。大発見ですね。車を停めた妹背の里にこの石室の模型が実物大で造られています。山頂からの眺めは、古墳を造るほど太古から人を引き付けたのでしょう。ここで少し休んでから南東にある大岩までピストンします。 (10:55)





 大岩めざし尾根を降ると鞍部の分岐。行者堂を経由し天神社へのもう一つの道が降っています。その道を横に見て‥





 ひと踏ん張り登れば東屋のあるピーク。その先に大岩があり、北を除き、スカッとした展望です。
(11:05)

湖東平野を北に、右手前の低山が布施山281m、そのピークの後ろに真っ白な御池岳1247m。
左の低山は箕作山373m(ミツクリ)・太郎坊山350m(5年前、登りました)
その右奥に雪の伊吹山1377m、どれも滋賀県の山ですね。




 眺望を楽しんだら山頂へ戻ります。途中、馬の背と呼ぶ岩石群を通り抜けました。この山では岩は容易に手に入ります。

 それで古墳が多く造られたかもしれません。




 山頂に戻ったら、今度は北西へ尾根を辿ります。
(11:20)

 自治体で整備された道が続き、丸太階段は段差も低く親切クンです。





 やがて鉄塔分岐に着きました。右が歴史公園方面ですが、ここは左へ降りて向こうに見えるピークを目指します。
(11:35)





 雪野山トンネル上の鞍部に降りました。遊歩道を左にクランク折れ。安妃山(アンキ)散策路を登れば‥





 ピークに建つ東屋に着きここで小休止。さらに先の尾根を見ると藪道です。南へ降る道で下山しましょう。
(12:00)





 天神社へ降りる階段道があるのですが、何ということでしょう藪化していました。仕方なく社の裏へ回り適当に降ります。
(12:15)

赤い鳥居の天神社は、創祀940年と1000年以上前です。その下にこの七層石塔
文字が磨滅していますが、正和2年の年号が読み取れ、西暦なら1313年で700年前です。
鎌倉時代後期の大変古い石造物に驚きます。雪野山は歴史遺産が一杯です。





 参道を降ると、鳥居の向こうに舗装道が見えてきました。そこを左折して雪野山トンネルから出てきた高架道を潜り‥
(12:25)

 新巻町の趣きのある集落をのんびり歩きます。やがて駐車場のある妹背の里が見えました。
(13:00)

 折角なので近江八幡市八幡堀辺りで美味しいランチを食べに行きましょう。

 
東海岳行
  “TAMAが来た” 

 1960年代、私が若い頃、ネスカフェインスタントコーヒーが発売され、欧米文化にあこがれて飲みました。喫茶店で飲む豆から挽いたものとは明らかに味、香りが違いますが、新しい香りが素敵です。当初は、紅茶のように砂糖やクリープを入れて飲みました『和食には合わないなあ』

 インスタントコーヒーは、「コーヒー抽出液を乾燥させて粉状にしたもの」です。私が現在飲んでいるのは、2013年9月発売のネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー。製造方法が異なり「微粉砕したコーヒー豆の粒をコーヒー抽出液で包み込んだもの」です。入れ方はインスタントコーヒーと同じで簡単。

 発売当時、ニュースにも出たので試しに買って飲んでみたら香りが良く、味わいも深いと思い続けています。ひよこさんは紅茶やココアを飲み、コーヒーは私だけでした。すると数年前にこのコーヒー専用のコーヒーマシンが売られ、とても人気があることが耳に入りました。

 

 『マシンが無くても入れることができるのになぜ?』 調べるとそれはネスカフェ・バリスタという名で2009年販売開始以来、200万台以上の実績があります。因みにバリスタは、コーヒーを入れる人のことを言います。

 私も興味は持ったのですが、買えばモノが増えるし、それほどコーヒーに執着している訳ではありません。すると昨年10月、新モデル「TAMA」を7980円で発売しました。多摩美術大学とのコラボした製品です。↓

 最初のマシンより改良され小型になりました。評判は更によく、心変わりし物欲が湧きました。1月下旬、近くのホームセンターが6980円で売出したので思い切って購入しました。実はコーヒーメーカーとしては低価格商品でネスレはこれで儲けるのではなく消耗品のコーヒーで利益を上げようという目論見です。


 コーヒーは、@カフェラテ、Aカプチーノ、Bエスプレッソ、Cブラック、Dマグサイズ・ブラックの選択ボタンがあります。その違いは理解できないので飲んでみれば分かるでしょう。エコバックのネスカフェを充填し、水をタンクに入れる。

 「カップ温め機能」があり、高圧蒸気の熱湯がノズルから出ます。これをやっておくと寒い時にコーヒーを飲んでいても冷めにくいくGOOD! スイッチ・オンして1分くらいでコーヒができます。最初にひよこさんに飲んでもらいました。

 『う〜ん、コレ美味しい。コンビニのコーヒーみたい』言いたいことは私には分かります。飲む温度もいい、ミルクも適量です。我が家にホーム・カフェができました。お湯を入れたカップに直接ネスカフェを入れて作るより、明らかに香りも味も上です。後味が良くもう一杯飲みたくなります。



  数日するとひよこさんが『今日、5杯も飲んだ』 コーヒーがなければ生きていけないようです。飽きないようにミルクの泡がフワフワのカプチーノ、ミルク多めのカフェラテ等と変化を付けます。消耗品のコストは1杯10円程度です。

 ただ朝昼晩の食後に二人で『コーヒータイム!』するので1パック2週間持ちません。ネスレの思うつぼです。もうひとつ一日の終わりすることがあります。簡単に外せますが4つのパーツを水洗いしなければなりません。憩いのひと時を楽しむためには若干の労苦が伴います。

2015.02.16(月)00:30