岳行ノート

            むろがねたかや
室兼高屋2  678m/岐阜県七宗町


2015年4月18日(土)


覗く人

(中央の尖りはシャレ山640m)




 七宗町の室兼高屋は、「可児からの山歩き」さんが紹介された主尾根ルートで2年前に歩きました。運よくヒカゲツツジ、アカヤシオの大当たり。

 もうひとつ本谷ルートが紹介されていますので今回は、それを繋ぎ縦走してみましょう。4月、花山になるのを待ち挑戦します。

 野良人さんと画伯をお誘いし、3人パーティになりました。マニアックな山で踏み跡はありますが、明確な登山道ではありません。



 往還とも尾根道を辿ります。登り尾根は良いのですが、降りは尾根は要注意。国道41号線で道の駅ロック・ガーデン・ひちそうまで走ります。

 七宗橋交差点を直進して国道を離れ、県道64号線で神渕川沿いを北上‥。参考書は「可児からの山歩き」さんです。
<駐車地>
ドラッグスクロールで移動

大きい地図 [+]詳細図、[-]広域図






本谷駐車地

渡渉



室兼高屋

道ミス

谷出合

石作谷駐車地



※赤線はGPS軌跡
●は主な分岐点

■この地図の作成に当たっては国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図50000(地図画像)数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである(承認番号 平17総使、第98号)」


江  南:午前7時25分発    晴れ/9℃
駐車場:午前9時40分着    晴れのち曇り/11℃
往:2時間20分(山頂まで、小休止含)
還:1時間20分(ランチタイム除く)
所要時間:3時40分






 七宗町役場から3km、T字分岐を右折して県道に別れます。2q走ると右にこの標識が立ち、右折して室兼林道へ。






 一車線の室兼林道を1kmほど進むと川側にスペースがあり、Uターンして置車しました。川へ降りる踏み跡があり、降りると‥
(9:55)






 流れの深さは、靴が沈むほどです。少し上流へ右岸を歩くと跨いで渡れる個所を発見。渡る人、、、『えい』3人ともOKでした。






 左岸に渡ったら尾根端を目指して北上。扉が閉じられた猪罠を見て、東へ延びる尾根に取り付きました。
(10:00)




 尾根に道はありません。幸い藪は無く、歩きやすい所を登ると青テープが、尾根芯を導いてくれました。

 喘登を続けるとアカヤシオが慰めてくれます。傾斜が緩むと山腹を登って来た登山道と合流。やがて‥






 岩尾根になりました。室兼高屋は岩山、本領発揮というところです。すると、予想通り‥
(10:45)

展望が一気に開けます。南西に‥左端納古山633m、右端権現山525m。






 いくつかのコブを越え山頂に近づくとアカヤシオにプラスして淡黄色のヒカゲツツジ登場。これを待っていました。やがて‥

山頂北に来ると大絶壁に山たまご自身が縮む。
岩に根を絡めた大木がたくましい。歩く道があるのが奇跡です。
慎重な人。登り切って右へ曲折すると‥






 アカヤシオの群生地。ここは2年前の登山で感動した場所です。ところが裏年なのか開花している木が少ない。




 そして三等三角点678m山頂。ランチしてると下山ルート方向から4人が登頂されました。

 単独の方が道がわからず撤退されたのですが、パーティに出合い一緒に登られたようです。記念撮影後、下山されました。
(12:15)〜(13:15)




 4人は途中でギブした仲間がいるのでそこでランチされるようです。いつか山頂の東側が伐採されこの眺望です。

 中央左奥が笹ヶタワ740m。左の松の枝も切られ御嶽山が見られるようになりました。しかし写真は霞がかかり残念割愛。






 2年前ピストンした主尾根ルートで下山します。先ほどのパーティに追いつけるか?山頂で咲くヒカゲツツジが見送ってくれました。






 いいお天気がなにより。明るく展望の良い岩尾根に道の記憶が蘇ります。 

降下して振り返ると絶壁の山頂ピークが望めました。
『かかってきなさい』と言っているようですね。
こうして見るとあの天辺までよく登られるものだと思います。


 山頂から30分で7人のパーティに追いつきました。ギブしたのは82歳の男子と2人の女子です。82歳、凄いなあと感心。

 しかし、私たちのパーティの画伯は78歳です。お二人に勇気がもらえます。挨拶して抜いたのですが、、、

 この先で左尾根に入るのをミスして右尾根に入ってしまいました。降り尾根は難しい。



 7分歩きテープが無いことに気づき、GPSで確認。『違っているぞ』正しいルートにトラバースして戻ります。

 このように室兼高屋はルートが間違えやすく、今日の単独の方が撤退しようとしたのも理解できます。

 尾根を外れ、谷を横断する所で小休止。
(14:15)

 その後は真面目に踏み跡を辿っていきました。やがて岩壁が通せんぼします。
ここを右へ曲折して植林斜面を降れば‥
((14:30)




 朝、林道にデポしておいた車に出合いました。(国道からここまでの道は「室兼高屋」をご覧ください)

 もう一台は単独の方のです。私たちは道ミスをしたので抜かれたと思いましたがまだ下山されていません。
(14:35)




 本谷の出発点に停めた車まで走ります。そして帰路、道の駅「ロックガーデンひちそう」に寄りました。

 七宗橋の上に懐かしい室兼高屋(写真中央)。右ピークはイバラダワ650m。今日は、山を歩いたなあという充実感があります。

 
東海岳行
  “ポールの埋め合わせ” 

 学生の頃、一緒にバンドをした稲田君と上村君と3月、久しぶりに名古屋のライブハウス「ケントス」へ行きました。京都から来るビートルズのコピーバンドを聴くためです。彼らは演奏の間に4月のポール・マッカートニー大阪公演の話しをしました。リードギターが『公演に行く人手を挙げて』とお客さんに尋ねました。

 私たち3人は手を挙げたのですが、周りを見ると60人くらいの中で7割ほどの人が手を上げたので彼は驚く。ポール・ラブの人は多い。昨年5月、ポールの公演が体調不良で中止となり、今回はその「埋め合わせ」ツアーです。今年1月にチケットの抽選に申し込み、2月に当選確定し大阪公演2枚をゲットしました。

 4月21日(火)京セラドームで午後4時半開場し、6時半開演です。車で4時に着くと長蛇の列『何の列ですか?』『グッズを買う列です』最後尾が見えないほどで諦めます。4時半、、、入場ゲートは開きません。暫く外で待っていると係員が『リハーサルが延びていますのでお待ち下さい』 結局40分遅れの開場。


<長蛇の列>

<混雑する記念撮影ポイント>

<稲田君と上村君発見>

 3塁側のスタンド席を二人で確認してケイタイを入れます。稲田君と上村君も3塁側です。そこに行って記念写真を撮りました。プロ用カメラでなければ撮影はOKです。二人は、昨年の大阪公演のチケットを購入したのですが中止のためポールを見ていません。6時半になるとドームは満員御礼。しかし全然始まりません。

 待っていると隣の若者が話しかけてきました。『2年前の大阪公演に来たのですが、♪夢の人が東京公演では♪アイ ソウ ハ- スタンディング ゼアに入れ替えられ、好きな曲が聴けず残念でした』 結局40分遅れでポール達が出てきました。2年前は♪エイト エイズ ア ウィークで始まったのですが、、、

 『ララ〜』♪マジカル ミステリ ツアーです。新しいプログラムのようでみんな大喜びで『オー』と喜ぶ。後の青年が興奮して踊り出すと私の頭に服が当たりました。そのくらいはいいけど手が頭にポコと触る。3度当たる。振り向いて注意しましたが、大音量で声は届きません。彼のズボンをつかんで身振りで訴えました。



<満員御礼>

<始まった! ♪ララ〜>

<最後の紙ふぶき>

 彼は私の手を振り払う。もう一度注意、また振り払う。諦めて曲が終わってから注意することにします。終わった途端、彼は私の耳元に顔を近づけ『先ほどはすみませんでした』 決着。前席の親娘がノリのいい曲になると二人揃って身体を左右に振るのが微笑ましい。若者ってポールをいつ好きになったのでしょう。

 ♪夢の人のイントロが始まると隣の人がガックリ。『残念だね』と私が相槌します。アンコールになって♪アイ ソウ ハー スタンディング ゼアが始まると彼は『ヤッター!』という顔を私を見せました。『よかったね』と親指を立てました。初期の曲ですが、72歳のポールが17歳の女子のことを歌っている。

 ジョンの歌った♪ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット〜ポールが歌いだすと、もうジョンとハモルことはないんだと思い涙がにじんできます。♪サムシングも同じ、ジョージと歌うことはないんだと胸がいっぱいになりました。今回、ポールは全然水を飲まないで歌い切りました。



 2時間半のステージが終わると、紙吹雪が舞いポールは手を振りながらカタコトの日本語で『また来るね』 会場は大喜び。ひよこさんに聞くと『2年前の東京公演より今回の方が良かったよ』との感想。それは良かった。帰宅したのは午前1時、高速は深夜割引時間に走ったので30%オフ。これは良かった


<セットリスト>
1. マジカル・ミステリー・ツアー
2. セイヴ・アス
3. キャント・バイ・ミー・ラヴ
4. ジェット
5. レット・ミー・ロール・イット
6.
ペイパーバック・ライター
7.
マイ・ヴァレンタイン

8. 1985年(ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード
10.
恋することのもどかしさ
11.
夢の人
12. 恋を抱きしめよう
13.
アナザー・デイ
14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー
(新曲)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー
16. ブラックバード
17. ヒア・トゥデイ
18. NEW
19. クイーニー・アイ
20. レディ・マドンナ

21.
オール・トゥゲザー・ナウ

22. ラヴリー・リタ
23.
エリナー・リグビー
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
25.
サムシング
26.
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
27. バンド・オン・ザ・ラン
28.
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
29.
レット・イット・ビー
30. 007死ぬのは奴らだ
31. ヘイ・ジュード

アンコール@
32.
デイ・トリッパー
33. ハイ・ハイ・ハイ
34. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
アンコールA
35. イエスタデイ
36. ヘルター・スケルター
37.
ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド
2015.04.26(日)23:30